キリストの御霊

2016年9月30日 (金)

御霊によって生きる自由――風は思いのまま吹く、それがどこから来てどこへ行くのか人は知らない

「風はその思いのままに吹き、
あなたはその音を聞くが、
それがどこから来てどこへ行くかを知らない。
御霊によって生まれる者もみな、
そのとおりです。」(ヨハネ3:8)

「主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」(Ⅱコリント3:17-18)


キリスト者には、御霊による内面の造り変えの過程がある。
それは、信者がキリストに同形化され、キリストに似た者とされて行く過程である。

筆者は、キリストにある新しい人として生きるという、この栄光ある召しを、より深く知りたいと願う。この方の命、この方の人格、この方の性質を知ること―それ以上の願いは存在しない。

一体、人が地上に生まれて来るのに、キリストを知る以上に目的があるだろうか。神の花嫁たるエクレシアにふさわしく、キリストに似た者とされて行く以上に、人がこの地上に生きる醍醐味があるだろうか。

だが、それは信者が道徳的な人になることとは違い、より正しく、より立派な人になることとも違う。信者が御霊によって生かされる新たな人となること、それは従来の人間の変革の概念には全くおさまらず、どんな言葉でも説明し尽くすことはできないであろう。

キリストに似た者とされる内的刷新の過程で、おそらく信者は、それまで当たり前のように持って来た常識的なものの考え方にも、訣別を迫られることであろう。

たとえば、かつて筆者には、自分でも美徳と思っていた様々な長所があった。だが、それはこの世的な標準においてであり、神の目から見た美徳は、それとは異なる性質のものであることを知らされたのである。

筆者には、早くから、自分なりのものの考え方や、譲れない信念があり、キリスト者となってからは、殉教や、迫害といった事柄が自分とは無縁であるとも思っていなかった。

だが、それでも、一方では迫害や殉教を覚悟しながらも、他方では、筆者の中には、キリスト者として芽生えた人格と、この世の常識のもとに形成された人格が、同時に存在しているかのような状態が続いた。そして、この世で美徳とされている様々な性質を良きものとしてとらえていたがゆえに、これをキリストのゆえに手放すに至るまでに、多少の時間がかかったのであった。

たとえば、心優しく、繊細かつ敏感であるがゆえに、人との対立を嫌う思いもあり、周囲の激しい反対や妨害をくぐり抜けてでも、ただ神と差し向かいで、自分一人だけで御言葉に立ち続けて生きるほどの強さが養われるには、時間が必要であった。

また、潔癖で、真面目で、誠実でありたいと考えていたがゆえに、この世の信仰を持たない人々の中でもとりわけ卑劣な人々のように、自分がどれほど攻撃されても、嘲笑されたり、反対されても、決して己が非を認めることなく、あれやこれやと言い抜けながら、我欲を貫き通すほどの鉄面皮と言える大胆不敵さの持ち合わせはなかった。

だが、信仰生活を続ければ続けるほど、筆者は、神を知らない世人の不誠実さや厚顔さとは全く別の意味で、あらゆる反対や妨害を耐え抜いてでも、ただ神の権益のためだけに立ち続けるために、キリスト者にはどうしてもある種の強さと、揺るぎない自信が必要であることを思い知らされたのであった。

ただ心優しく、善良で、世間の誰からも好かれる、人と対立しない、柔軟で謙虚な自己イメージを持っているだけでは、何の役にも立たず、それは信仰者にあるべき強さとは全く無関係であり、かえって弱さにつながりかねない偽りの美徳と言っても差し支えない、早期に訣別する必要のあるものであった。
 
ただ神だけに栄光を帰して生きることが、どれほどこの世における価値観とはかけ離れた事柄であるかを、筆者は年々、思わずにいられない。

これはある意味で、厳しく、狭い道である。

この狭い道を通る過程で、以前には美徳だと思っていた様々な自己の長所すらも手放して行かざるを得ない。

実のところ、人が自分の人格の美徳だと思っているものの十中八九は、本当の美徳ではなく、世に対する恐れや、自己防衛の感情から来た印象操作でしかない。たとえば、世で謙虚さと呼ばれているもののほとんどは、真の謙虚さではなく、「出る杭は打たれる」という風潮の中で、自分が攻撃されないために、自分をあるがまま以上に低く、みすぼらしく見せかける自己防衛の手段でしかない。

こうした偽りの「長所」は無用なものとして手放す必要があることはもちろんだが、他の人にはない自分の専門や知識、人々に評価される様々な特技といったものですら、筆者は一つ一つ、十字架において手放して行く必要を感じた。それは誰から強いられたのでもなく、手放すとは、それらを全くなかったことにすることをも意味せず、ただそのようなものに自分を生かす力がないことを知り、そこに価値を見い出し、これを誇りとすることがもはや不可能なときが自然にやって来たのである。

神に従うために、本当にそこまでする必要があるのか? と問う人があるかも知れない。あなたの言っていることは、禁欲主義や、人が自分で自分を滅却しようとするむなしい自己否定の努力と、何が違うのですか? と。

筆者にも、万人を説得できるだけの上手な説明の持ち合わせはないが、それでも、使徒パウロも、キリストを知る絶大な価値のゆえに、自分が持っていた全ての肉なる長所を、まるでふん土のように無価値なものとみなした事実を挙げておきたい。

パウロは当時のユダヤ人の中でも最高と言って良いほどの宗教的なエリート教育を受けた人間であった。生まれも、受けた教育も、申し分がなかった。彼は八日目に割礼を受けた者、イスラエル民族、ベニヤミン族の出身で、生まれながらのローマ市民であり、律法を落ち度なく守るパリサイ人、へブル人の中のへブル人・・・。だが、パウロは、神の恵みによる救いの前に、キリストを知る価値のゆえに、自分がエリートとして持っていたすべての長所や特権や美徳をむなしいものとして投げ捨てたのである。

「もし、ほかの人が人間的なものに頼むところがあると思うなら、私はそれ以上です。・・・しかし、私にとって得であったこのようなものをみな、私はキリストのゆえに、損と思うよういなりました。それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。」(ピリピ3:4,7-8)

人間の目に美徳や長所として映るものは、大抵、神の目には、無価値である。パウロの生まれながらのエリート性は、彼を神の教会の迫害者にする以外の何の効果も持たなかった。

だが、パウロが、そうした肉の誇りを無価値なものとして投げ捨てたのは、教会の迫害者としての過去を反省していることをアピールするためのパフォーマンスなどではなかった。

パウロは、キリストの人格、キリストのご性質の持つはかり知れない価値を知っていたがゆえに、地上的な人間の出自にすがりつき、それにより頼むことがどれほどむなしいことであるかをはっきりと理解していたのである。

これと同じように、筆者は、人の目にはあたかも長所と映るかも知れない自己の特徴さえ、もはやどうでも良いものとしかみなしていないのである。

筆者が知りたいのは、何よりも、キリストのご性質である。パウロが述べたように、キリストの死と復活にさらに同形化され、生きることはキリストとなるその瞬間のために、信仰によって、御子の性質を受け取りたいと願っているのだ。

かぐや姫の物語とは全く趣旨が異なるが、多分、キリスト者であれば、誰もがみな天の故郷に憧れて、そこへ帰る日を待ち望んでいることであろう。我々の本当の故郷は天にあるからだ。それに引き換え、地上での生まれや、経歴や、アイデンティティは、正直なところ、みなどうでも良いものばかりでしかない。天の故郷がリアリティを持って臨むに連れて、信者にとって、地上の出自や、肉の誇りはかすみ、意味が薄れて行く。

御霊は、ご自分と同じ性質のものを慕い求める。信者の内に住んで下さる御霊が、キリストの人格とご性質を追い求めるので、信者の思いも、キリストを知ることに一心に向けられるようになる。

信者の人生は、ただキリストを知るためにこそあり、それ以外の地上的な事柄は、すべて些末なことでしかない。

もし望むなら、信者には地上で世人と同様の生活を送ることもできよう。この世で尊ばれている職業に就き、立派な家を構え、子孫を増やし、財産を築き、この世の仕組みをよく理解してそこに居場所を構え、繁栄を享受することも可能であると筆者は思う。

だが、たとえそうであっても、この世を知るために費やす時間を、筆者はただ神だけに捧げ、キリストを知るために費やし、残る人生のすべてを、ただ神の栄光のためだけに捧げ尽くしたいと思わずにいられない。

それ以外の事柄は、みなどうでも良い事柄である。筆者がこれまで何者として生きて来たのか、どんな知識、どんな経験を蓄え、どれだけ人と異なる強みを持っているのか、そんなことは全くどうでも良いことである。

筆者は、そういうものを利用して、成功に至りつきたいという願いを全く持っていない。むしろ、もし神が栄光を受けられることを妨げるのであれば、そのような地上的な要素はみな無いことにして通り過ぎた方が良いと思う。

人にとってもし長所と呼ぶに値するものがあるとすれば、それはキリストのご性質だけである。キリストにどれほど同形化されたか、どれほど御子と同じ性質に与り、その似姿へと変えられたのか、どれほどキリストの思いを自分の思いとして、地上に引き下ろして生きたのか、人の人生で意味を持つものは、それ以外にはないであろう。

そういうわけで、キリストにある新しい人の性質を、筆者はより深く知りたいと願わずにいられないのだ。

ただし、この新しい人にあっては、信者が十字架において無価値なものとして捨てたように思っていた様々な要素も、以前のような形ではなく、新たな形で、ごく自然に、さりげなく、信者の新しい人格の中に統合されているものと筆者は思う。

だから、信者は自分で自分の過去を否もうと努力して、自己否定にいそしんだり、不自然な反省や懺悔をしたりする必要は全くないのである。過去に美徳であった性質は、世に対する美徳としては死んで、今度は、神に対して用いられる長所として、以前とは異なる形で、さりげなく、自然に、信者の中に生きて来ることであろう。

神の霊の重要な特長は自由である。キリスト者は主と共なる十字架を通して、この世に対して死んで、死の恐怖による悪魔の奴隷的束縛から自由とされた人々である。この自由を保ち、何によっても奪われないことが非常に重要である。

主イエスは言われた、風は思いのまま吹く、それがどこから来てどこへ行くのか人は知らない、御霊によって生まれた者も同様である、と。

これは信者の御霊にある内的な自由を指している。キリスト者は、キリストの命によって天から生まれ、束の間地上に生き、天へ帰って行く存在である。地上や、世の思惑にとらわれ、それに縛りつけられ、拘束される存在ではない。

世人は信者の姿を束の間、地上に見るだろう。そして、彼らの外見を見て、「あれはナザレのイエスだ」と、主イエスのことを噂し合ったように、信者の地上的な出自に注目して、その人となりを判断しようとするであろう。

だが、信者には、たとえ世人の目には分からなくとも、それとは異なる上からの出自があって、上からの人格があり、上からの生活がある。

主イエスは、地上におられた間、世人とは異なる生活を送られた。主はこの世におけるご自分の職業を持っておられず、ご自分の住処を持っておられず、どこに行って、何をする予定であるのか、どうやってご自分を養っておられるのか、人々には知らせなかった。世人は彼の生き様をも、目的をも理解することができなかった。それはみな上からの御霊の知恵によるものであり、御霊によらなければ、理解することのできないものだったからである。

キリスト者の人生もこれと同様である。御霊に従って生きることには、決まったスケジュールや、方法論はなく、序列もなければ、ルーチンもない。しばしば、御霊の導きは、信者自身にも、常識によっては全くおしはかることのできないものである。だが、たとえ人知や常識によって理解できないものであったとしても、そこに平安があるので、信者はそれが神から来たものであることを理解する。

霊の人は誰からもわきまえられることはないが、すべてをわきまえる、と御言葉にあるように、キリスト者が世に仕えるのではなく、世がキリスト者のために仕えねばならない、それが本当のあるべき秩序なのである。世はキリスト者を理解することができないが、キリスト者はこの世を超越した統治をこの世に対してももたらす存在である。ただそれは、ひとえに、信者が信仰によってキリストの死と復活に同形化されることによる。

そのようにして、この世がキリスト者を通して治められ、すべてのものが膝をかがめてキリストの権威に服することが、神の御心にかなう秩序なのであり、信者は神の国の秩序を地上で持ち運ぶ器であり、その秩序が信じる者の只中にすでに到来していることを、生きて証明しているのである。

2016年9月27日 (火)

御霊に導かれて歩むー肉の働きを否んで御霊に従う

全てのクリスチャンは、キリストと共なる十字架のより深い働きを知る必要がある

 さて、今回のテーマは、クリスチャンがどのようにして御霊の導きに従うのか、ということです。

 クリスチャンは、救われたにも関わらず、いつまで経っても、世の罪人と同じように、各種の罪の誘惑、不義なる思いにからみつかれたまま、それに打ち勝つこともできずに、同じところを行ったり来たりして、前進のない敗北的な信仰生活を送る必要など全くありません。

 実のところ、クリスチャンがそんな歩みをずっと続ける必要は全くなく、それは神の御心でもないのです。しかし、肉の力によって罪の力に打ち勝つことは誰にもできませんから、ここに、この世の法則や、人の堕落した肉の力をはるかに超えたキリストと共なる十字架の霊的死の働きが必要となります。

 アダムは創造された時(まだ堕落していなかった時)、神と交わることのできる霊を与えられていました。それは神の霊(聖霊)ではなく、人の霊であったけれども、アダムはその霊によって神に従い、神と交わることができ、彼の魂と肉体は、彼の霊に服従していました。

 神と交わることのできる霊を与えられていること、それが、あらゆる被造物と人間とのはっきりした区別です。

 堕落する以前の当時、アダムの中では、崇高な霊が最も高い地位を占め、それに魂と肉体が従うという優先順位が守られていました(霊→魂→肉体)。

 しかし、アダムが堕落した後、人の霊の機能は死んでしまい(もしくは機能不全に陥った)ため、魂と肉体を統率することができなくなりました。

 それ以後、生まれながらの人の霊は、神に対して閉ざされた状態となり、むしろ一部の人々にあっては、悪霊に対して開かれているような機能不全の状態となり、さらに、人の霊と魂と肉体の優先順位が覆されてしまいました。

 人の中では、堕落した肉が王座についたため、人は罪の奴隷となり、人を導くものは、霊ではなく、肉となったのです。

 また、神のいましめに逆らって善悪を知る木の実を選んだことにより、人の魂も、神によらない偽りの知識によって高ぶりました。人の魂は、御言葉を退けて、自分勝手な基準で、自ら善悪を判断するようになりました。

 今日、文明が発達した結果として、人間はあらゆる知識を蓄え、己が知性を誇ってはいますが、それでも、人間の魂の知識は人をただ不幸な暗闇へと導くだけで、何の救いももたらしてはいません。

 こうして、堕落した肉(魂+肉体)が人の中で最高位を占めるようになり、真理を知らない魂が、霊に代わって人を治めるようになって、肉→魂→霊、と優先順位が転倒しました。

 その結果、人は霊によって自分自身を治めることができなくなり、誤った偽りの知識と、肉の欲望の奴隷となったため、人の人生にはあらゆる悲惨や混乱がつきものとなりました。人は生まれてもただ暗闇の中をさまよい、罪と死に至るだけです。再生されていない人は、どんな努力によっても、その状態を変えることはできません。

 しかし、人が罪を悔い改めて、御子イエスの十字架の救いを信じて神に立ち返ると、血潮によってあらゆる罪から贖われます。そして、聖霊がその人のうちに住まわれることによって、人の霊も生かされます。

 しかし、多くのクリスチャンは、その時点では、罪が赦されたことと、御霊が我がうちに住まわれたことをただ信仰によって信じているだけで、聖霊の導きをまだはっきりと内に感じることはありません。

 彼は霊によって導かれる人にはまだなっていません。また、肉の誘惑に打ち勝つことができる力もほとんどありません。自分を覆っている無気力や、挫折感、罪深い各種の誘惑や、失意の念がどこからもたらされているのかも知らず、これに打ち勝つべきであることも知りません。

 そのような時点でのクリスチャンは、まだ生まれたばかりの肉的なクリスチャンで、思いを識別することもできませんし、罪に勝利する力もほとんどありません。ある日、涙ながらに、罪と訣別する決意をしても、翌日には、また罪に戻っているような有様です。しばらくの間は、救われる前に耽溺していた罪との格闘、そしてそれに打ち勝つ力がないための敗北が続くでしょう。

 そのような時点でのクリスチャンの中には、一生懸命に聖書を読み、御言葉を知識として蓄積し、主のために多くの活動をする人たちがいますが、依然として、彼の活動の内には、聖霊の命が働いていません。そのため、彼の働きはその熱心さにも関わらず、実を結ばず、ただ余計なおせっかいのようになるだけか、もしくは死んだように力がありません。

 この時点でのクリスチャンは、まだ、肉→魂→霊という転倒した優先順位の中で生きています。神のための奉仕ですら、肉の力によって決行しています。

 このような信者が、御霊に導かれる人となるためには、まずは上記の順位を覆し、肉体と魂を霊に服従させ、御霊の導きの下、人が自分自身の内側で、霊を真の主人とならせることがどうしても必要なのです。

 そのために、信者は、肉体と魂に働く古い性質を、御子の十字架を通して死に渡す必要があります。


十字架には肉の働きに対する霊的死の効果がある

 多くのクリスチャンは、御子が達成された十字架を、ただ罪からの贖いとして受け取るだけですが、実際には、御子の達成された十字架にはより深い働き――肉の働きに霊的な死をもたらす効果――があります。

 なぜなら、キリストの十字架は、彼を信じる全人類の罪深い肉そのものに対する死の刑罰だったからです。

 このようにして、キリストの十字架における霊的な死が、信者の肉に適用された時に、初めて、信者は、自分の肉体や魂に働く、古き悪しき性質が、キリストと共に十字架で死に渡されたことが事実であること、そして、キリストの復活の命にある新しい法則が、自分のうちで実際により深く、より力強く働くようになるのを知るでしょう。

 私たちは肉が罪なる性質を持っていることを知っています。御言葉はこう述べます。
「肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、享楽、および、そのたぐいである。」(ガラテヤ5:19-21)

 これらの肉の働きが邪悪なものであることはあえて説明する必要もありません。しかし、ここに、うっかり見落としてしまいがちな点があります。それは、肉は不義をなすことができるだけでなく、善を成し遂げることもできるということです!

 一般的なクリスチャンの多くは、一生懸命に日曜礼拝を守り、早天・徹夜・断食・祈祷などに参加し、献金を捧げ、トラクトを配り、救いを知らない魂をキリストに導くために、考えうる限りの「良い活動」に真面目に従事しようとしています。

 あるいは熱心に祈りと賛美を捧げ、自他を楽しませる各種の奉仕活動に従事しています。

 彼らは外面から見れば、まっとうな、とても立派なクリスチャンのように見えるかも知れませんし、自らそう信じ込んでいる人々も多く存在することでしょう。

 確かに、彼らは自分たちは世の罪人よりははるかにましな生活を送っており、自分達は肉的でないとさえ思っています。しかしながら、多くの場合、彼らには、表面的な正しさはあっても、神の命の現われがありません。むしろ、実際に、信仰生活の前進のなさに悩んでいることさえ多いのです。

 なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 それは、その人が依然として、肉に頼って善行を行っているからであり、肉により頼んで、聖霊に従おうとし、肉により頼んで、神を喜ばせようとして、むなしい努力を続けているからなのです。

 彼らは肉そのものが神の目に忌むべきものであることを知らず、また、自分たちの伝道や祈りや奉仕が、肉によって持続されていることを知らず、自らの肉が御子の十字架ですでに死に渡されたという事実にも立っていません。

 私たちは、肉には邪悪な働きがあるだけでなく、一見、善のように見える働きもあるということを、よく覚えておく必要があります。しかし、善のように見えようと、悪のように見えようと、依然として、「肉から生まれる者は肉」(ヨハネ3:6)であり、「肉にある者は、神を喜ばせることができない」(ローマ8:8)のであり、「肉の欲するところは御霊に反し、また御霊の欲するところは肉に反する」(ガラテヤ5:17)のです。

 残念ながら、クリスチャンは、肉において礼拝を捧げ、肉において祈り、肉において賛美をし、肉において奉仕をし、肉において献金をしたりするということが、実際にあり得る(むしろ、大いにあり得る!)ということに注意せねばなりません。

 いかにそれが人の目に敬虔な礼拝のように見えようと、もしその礼拝が肉によって捧げられているならば、それは神の目に忌むべき礼拝なのです。

 このように言うと、「もはや何が正しいのか、私には全く分からなくなりました」と言う人が出て来るかも知れません。「自分では良いと思っていた奉仕さえ、肉によって成し遂げられていたかも知れないというなら、私はもうどうしたら良いか分かりません。」と。

 私は思うのですが、そのような場合は、今まで「神のために」行って来た活動をいったん脇に降ろすことをお勧めします。そして、改めて主が、あなたに一体、何を望んでおられるのか、それが明確に見えて来るまで、性急に動くことなく、神に直談判して熱心に問いかけつつ、神と深く交わりながら、御心を探ることをお勧めします。神の御心にのみ、心を傾け、人の忠告には耳を傾けないのが良いでしょう。

 さて、肉による善は、肉による不義ほどまでに、汚れたものに見えないかも知れませんが、実際には、神から見て、肉による悪と同じように、滅ぼされるべき、呪われた「肉」なのです。そのことを知らないで、依然として、肉による善行に頼って生きていることが、多くのクリスチャンが信仰生活において敗北する原因となっています。それがどれほど熱心に奉仕しても、それがいかなる実をも結ばないどころか、いずれその礼拝が、神の御心に反する効果を生む最たる原因なのです。

 また、ここではあまり深く触れませんが、悪魔は、信者の魂と肉体の領域に、霊の感覚の偽物を作り出すことができます。素晴らしい賛美や、祈りや、各種の大会など、感覚的に喜ばしい体験を通じて、信者の心を虜にして、「こんなに心地よく素晴らしい体験が起きるのだから、自分は聖霊に従っているのに違いない」と思わせながら、偽りの霊的体験の中を歩ませることができるのです。

 このような感覚的な欺きにとらわれないためにも、信者は、何が「良い」ものであり、何が「悪い」ものなのか、自分の感覚によって判断するのではなく、御霊の導きによる識別力が必要です。また、自分の肉に働く感覚的誘惑に対して、十字架における霊的死を経る必要があります。

 信者が肉の邪悪な働きに対して死ぬためには、キリストと共なる十字架の霊的な死のより深い理解、より深い適用が必要です。それを実際としてくれるのが、御言葉です。


キリスト・イエスにつく者は自分の肉を十字架につけてしまった

 さて、十字架のより深い理解と適用とは何でしょうか。それは、信者の肉は、すでにキリストと共に十字架につけられて死んだ、という事実を信じ、それを信仰によって、信者が自分自身に適用することです。

「キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。」(ガラテヤ5:24)

 信者は、御言葉に基づいて、神の事実を堅く信じ、キリストと共なる十字架における肉の死が、信仰を通して自分自身にも適用されたことを信じて受けとる必要があります。

 神の事実とは、御子イエスが十字架にかかられ、肉体に死なれた時、御子を信じる全ての信者の肉も、彼と共にはりつけにされて死んだ、という事実です。信者の肉も、主と共なる十字架においてはりつけにされ、死刑宣告を受け、裁きを受けて死んだのです。

 私たちが自分の肉を十字架につけるために、新たな十字架を作り出す必要は全くありません。それはすでに御子が達成されたのです! 御子イエスが十字架において、その肉体に死なれた時、彼はご自分の肉の中に、信じる者全ての肉を含められました。

 彼はご自分の肉の中に、滅ぼされるべき全ての肉を含まれたのであり、そこには私たち信者の肉も含まれている、という事実を信者は信じ、そこに立脚しなければなりません。

 その事実は、信者の現在の状態とは全く関係ありませんし、信者にそのような「実感」があるかどうかとも関係ありません。信者が今現在、敗北的な生活を送っているのか、それとも勝利の生活を送っているのか、そのどちらなのか、といった感覚的・現象面の問題や、あるいは、信者が生きている時代が、御子の歩まれた時代とどれほど遠かろうとも、関係ありません。

 御子イエスの十字架は、時空間に関係なく永遠に達成された神の事実なのです。ですから、信者は、時空間を超えて、自分の個人としての特徴や限界をも超えて、永遠において信仰によって(!)、その事実の中に入りこみます。

 こうして、信者は信仰によって、主イエスと共なる十字架に入りこみ、これと一体化し、その事実を永遠から、今の自分の存在する時空間に、信仰によって引っ張ってきて、自分自身に適用するのです。

 信者はただ自分の現在の限界あるみじめな状態だけを見つめて、それを基準として、御言葉を信じられるかどうか判断すべきではありません。御子イエスが、すでに私たちの肉を十字架上ではりつけにし、死に渡された、という神の事実を信じ、神の永遠の事実を現在の自分に適用すべきなのです。

 信者がキリストと共に十字架上で自分の肉が死んだことを信じ、その事実を経験として知るためには、言葉において、声に出して、御言葉を宣言し、自分に適用することも有効であると私は思っています。

 そのようにして、確信をもって事実の中にとどまるならば、信者はある時、本当に、自分の肉の働きが十字架につけられて死んでいることを実際に経験するでしょう。


肉の各種の働き(心の思い、計画、提案)の出所を御霊によって見分ける

 信者は、御子イエスの十字架の、このようなより深い理解と適用によって、それまでどうしても打ち勝つことができなかった自分の肉の罪深い欲が、死んだように鎮まり、肉の罪なる性質から解放されたという経験を持つかも知れません。

長年、悪いと分かっていながらやめられず、どうしても打ち勝つことのできなかった罪深い習慣が、主と共なる十字架の死が実際になった時、打ち砕かれた、という体験をするかも知れません。

しかし、このようなことは、肉に対する十字架の霊的死の適用の最初の第一歩に過ぎません。

悪習慣が打ち破られたことは、肉に対する霊的な死が適用されたことの現れではありますが、そのような経験があったからと言って、そこで、信者はあたかも自分が全く聖なる者とされ、肉から完全に解放され、もはや肉を死に渡す必要が一切なくなったかのように思うべきではありません。

なぜなら、それは肉の働きに打ち勝つためのほんの最初の一歩に過ぎないからです。信者が常に目を覚まして、御霊によって導かれ、「霊によって体の働きを殺す」(ローマ8:13)ことを続けないならば、肉はまた別な方法で信者を虜にし、罪の中へ落ち込ませるだけでしょう。

そこで、信者にはさらなる前進が必要です。あれやこれやの悪習慣が取り払われたといったところで満足して終わるべきではありません。

ですが、前進と言っても、「一体、何が肉の働きであり、何が御霊の働きなのか」、信者自身が、明確に識別できるようにならなければ、何に打ち勝つべきなのかすらも分かりません。

罪深い各種の欲望は、誰にでもすぐに肉の働きであることが分かりますので、キリストと共なる十字架の霊的な死の意義を知っているならば、信者が、自分の魂にそのような悪しき思いが去来した時、その虜にされずに、その欲望を十字架において否むことは、比較的容易です。

しかしながら、肉の働きは、すでに述べた通り、誰にでもすぐに「悪いもの」と分かるような形ばかりを取ってやって来るわけではありません。御霊によらない悪魔的な知恵が、あたかも「善良な」知恵のように、信者の心に思い浮かぶこともありますし、人からの「良さそうな提案」の形でやって来ることもあります。

ですから、信者は、自分の中に思い浮かぶ(もしくは人から提案される)さまざまな計画、思い、願い、知恵などが、一体、どこから来たものなのか、それが本当に神の御心にかなうものなのか、その出所を識別する力を養わなければならないのです。

そして、神から来た提案であれば、それを採択し、神の御心に反するものであれば、十字架においてこれをきっぱり退ける、ということをせねばならないのです。

神から来たのでない提案であっても、「良さそうだから」という理由でどんどん受け入れていると、信者の人生が破滅することになりかねません。しかし、人自身の知恵によっては、何が正しく、御心にかなう知恵で、何がそうでない悪魔的な知恵なのかを、自分の力だけで、完全に識別することはできないのです。

ですから、それを見分ける力を与えてくれるものは、御霊です。御霊による識別力というものが、信者が神の御心に従う上で、極めて重要になって来るのです。


御霊によって物事の限度や節度をわきまえる

さらに、信者は、何がどの程度、自分に許されたことであるのか、その限界をも、御霊によって識別することを学ばねばなりません。

たとえば、信者は、地上での肉体を持つ人間ですから、毎日、食べたり、飲んだりして、自分を養わなければなりません。信者が食べたり飲んだりすること自体が、「肉欲に従う罪深い行為」であるわけではありません。もしそうならば、信者は絶食の果てに死ぬことしかできませんが、そのようなことは神の御心ではありません。

しかし、もしも信者が「飲んだり、食べたりすることは罪ではない」からと言って、過度に食べたり、飲んだりしていれば、当然ながら、それは不健康の源になって行きます。

働くことも同じです。健全な自立を保つために働くことは有益ですが、あまりにも働きすぎていれば、当然ながら、体を壊しますし、生活も秩序を失っていきます。

ですから、信者は自分に許されている罪でない事柄が数多くあったとしても、一体、どの程度であれば、それが自分に有益なのか、適切な限界や、節度といったものも、御霊によって識別する必要があるのです。

どんなことでも、一定の限度を超えて、むさぼるようになると、それは神の御前に罪となって行きます。それは音楽を聴くことや、交わりを楽しむことや、あらゆる「無害」に見える行為に同じようにあてはまるのです。何事も、信者は自分を失うまでに没入すべきではありませんが、信者に健全な自制心や、我を忘れさせるような限界点が来る前に、「これ以上は危険ですよ」というシグナルを、御霊は的確に与えてくれるのです。その時に、御霊の警告を無視して突き進むと、信者の人生に何らかの害が及ぶことになります。

しかしながら、御霊の導きを最初から信者が完全に識別することは難しい、と私は思います。信者の歩みは一足飛びにはいきません。まずは罪深い悪習慣の虜から解放されなければならなかったように、学習は少しずつ進みます。何が御霊の導きであるのか、信者がそれを非常に繊細な感性を持って細部に渡るまで敏感に受け取り、見分け、従うようになるまでには、時間がかかるのです。

しかし、たとえその学習の過程で、明らかに御霊の導きと分かっていたものに、信者が従いそこなって、何らかの害を受けたり、罪の中に逆戻りするようなことがあったとしても、信者はそこで落胆すべきではありません。

そのようなことは、確かに、失敗に見えるかも知れませんが、同じ失敗でも、以前のように、何も理解していなかったがゆえに、ただ状況に翻弄され、罪の虜になっていただけではありません。それは、一定の気づきを伴った失敗です。信者はどうすれば、そのテストに合格できたのか、今や自分で知っています。

ですから、次に似たようなことが起きる時、以前のような行動を繰り返してはなりません。そのようにして取り組んでいくうちに、信者は、罪に対する勝利の力が自分の内にあること、内におられる御霊が、必要な知恵を供給して下さることを徐々にはっきりと知るようになるでしょう。

信者は、たとえ最初からすべてがうまく行かなかったとしても、あくまで御霊から来たのではない肉の働きを十字架において否む、ということを続けて行かねばなりません。その試みをずっと続けているうちに、やがて、たとえ肉の誘惑は依然として存在しているようであっても、罪にはもはや信者を奴隷として支配する力がない、ということを見いだすでしょう。

人間は地上にある限り、肉体という幕屋から逃れることはできません。それは、信者が生きている限り、肉の誘惑と100%無縁の人生を送ることはできず、また、霊によって体の働きを殺す必要性から完全に解放されることもできないことを示しています。

しかし、だからと言って、悲観したり、絶望したりする必要はありません。

キリストという完全な模範がおられます、そして、この方が信者の内に住んでおられるからです。キリストは私たちと同じように、弱く限界ある肉体を持って、地上で生活を送られました。しかし、それにも関わらず、肉の誘惑に従って罪を犯すということがなかったのです。サタンと、罪と、この世にすでに打ち勝ったキリストが内におられる限り、信者には、霊によって肉を治めることが可能なのです。信じて下さい。それはキリストによって可能なことなのです。


御霊によって肉を治め、神への従順を成し遂げる新しい人

もう一度言います。信者が地上にある限り、肉そのものが消え去るわけではありませんが、信者がこれを治めることは可能なのです。

信者は、死に至るまでの従順によって、神の御心を完全に満足させたキリストのゆえに、自分自身の肉を治めることができますし、またそうすべき立場にあるのです。にも関わらず、信者が肉によって治められ、翻弄されている状態こそ、あるべきではないのです。

かつてカインがアベルに嫉妬し、弟を殺そうと企てたとき、神はカインに向かって「罪が戸口であなたを慕って待ち伏せている。あなたは罪を治めなければならない」と語られました。

今日、神を信じている信者が、嫉妬ゆえに誰かを殺そうと考えることはまずないと思いますので、ここで、どうやって「殺意に打ち勝つか」という方法について語る必要はないものと思います。しかし、それでも、信者は、各種の罪深い思い(御霊から出たのでない思い)の誘惑に取り巻かれて生きていることは否定しないものと思います。その中には、まことしやかに善良な知恵を装って近づいて来る悪しき思いもあります。

こうした、御霊から出たのでない思いが、自分に忍び寄って来る時、信者はその出所を巧みに見分けて、神に喜ばれない思いを「治める」(=十字架において否む、勝利する)術を学ばなければなりません。

誰が見てもそうと分かる罪深い悪習慣に打ち勝つ以上に、これは重大で困難な学課です。なぜなら、もしそれができてさえいたならば、アダムもエバも、蛇の提案に耳を貸すことはなかったはずだからです。アダムもエバも、カインのように低級で俗悪な罪の誘惑に負けたのではありません。彼らは一見「良さそうに」見える提案の出所をきちんと識別できずに、欲に誘われて行動してしまったゆえに堕落したのです。

ですから、今日、信者にとって極めて重要なのは、すべての知恵が神から出たものではなく、たとえ良さそうに見えても、悪魔から来る知恵、悪魔から来る提案、というものが確かに存在しており、それらが信者を慕い求め、信者を堕落させようと、絡みついて来ていることに気づき、そうした思いや計画の出所を御霊によって見分け、神から来たのでないものを退ける秘訣を学ぶことなのです。

このように、信者が神から出たのでない知恵をすべて見分けた上で、これを否み、治め、無効とすることが求められているのです。

それが、パウロの書いた、「私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に 逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに 服従させ、 また、あなたがたの従順が完全になるとき、あらゆる不従順を罰する用意が できているのです。」(Ⅱコリント10:4-6)ということの意味なのです。

人は、神によって地を治めるべく創造されたわけですから、人はその思い、行動によって、神の権益を代表して立たなければならない存在です。そのために人は造られたのです。

第二のアダムであるキリストが神への従順を成し遂げたにも関わらず、今日の信者が、最初の人アダムと同じように、悪魔の権益の代表者となって肉によって治められて生き、堕落していてはいけないのです。

今日、信者に必要なのは、あたかも神から来たように装いながら、人を堕落させるだけであるサタンの高ぶりに基づく偽りの「知恵」をことごとく見抜いて、これを否み、撃退し、その誘惑に勝利して、自分自身の思い、行動、すべてをキリストに服従させて、霊によって治め、神への従順を成し遂げることです。

キリストが成し遂げられた御父への従順を、信者もまた地上において成し遂げるよう期待されているのです。キリストがおられるがゆえに、信者にはその可能性が開かれました。

そのようにして、御霊の導きに従い、神の御心に従って「地を治める」ことが、信者の使命です。アダムが失敗して成し遂げられなくなった使命を、キリストにあって成就するのです。そうなった時にのみ、人は神にかくあれかしと造られた被造物本来の健全さ、美しさ、尊厳、輝き、を取り戻すことができるでしょう。

また、その時こそ、人の支配が、地に実りと調和をもたらすようにもなるでしょう。信者がキリストに似た者となるので、信者による霊の支配も、神の栄光を如実に反映させるものとなるのです。

2009年11月26日 (木)

御霊に導かれて歩む(1) 御霊によって肉の働きを識別し、これを否んで霊に服従させる

(「御霊に導かれて歩む(1)」に加筆修正したものです。)

全てのクリスチャンは、キリストと共なる十字架のより深い働きを知る必要がある

 さて、今回のテーマは、クリスチャンがどのようにして御霊の導きに従うのか、ということです。

 クリスチャンは、救われたにも関わらず、いつまで経っても、世の罪人と同じように、各種の罪の誘惑、不義なる思いにからみつかれたまま、それに打ち勝つこともできずに、同じところを行ったり来たりして、前進のない敗北的な信仰生活を送る必要など全くありません。

 実のところ、クリスチャンがそんな歩みをずっと続ける必要は全くなく、それは神の御心でもないのです。しかし、肉の力によって罪の力に打ち勝つことは誰にもできませんから、ここに、この世の法則や、人の堕落した肉の力をはるかに超えたキリストと共なる十字架の霊的死の働きが必要となります。

 アダムは創造された時(まだ堕落していなかった時)、神と交わることのできる霊を与えられていました。それは神の霊(聖霊)ではなく、人の霊であったけれども、アダムはその霊によって神に従い、神と交わることができ、彼の魂と肉体は、彼の霊に服従していました。

 神と交わることのできる霊を与えられていること、それが、あらゆる被造物と人間とのはっきりした区別です。

 堕落する以前の当時、アダムの中では、崇高な霊が最も高い地位を占め、それに魂と肉体が従うという優先順位が守られていました(霊→魂→肉体)。

 しかし、アダムが堕落した後、人の霊の機能は死んでしまい(もしくは機能不全に陥った)ため、魂と肉体を統率することができなくなりました。

 それ以後、生まれながらの人の霊は、神に対して閉ざされた状態となり、むしろ一部の人々にあっては、悪霊に対して開かれているような機能不全の状態となり、さらに、人の霊と魂と肉体の優先順位が覆されてしまいました。

 人の中では、堕落した肉が王座についたため、人は罪の奴隷となり、人を導くものは、霊ではなく、肉となったのです。

 また、神のいましめに逆らって善悪を知る木の実を選んだことにより、人の魂も、神によらない偽りの知識によって高ぶりました。人の魂は、御言葉を退けて、自分勝手な基準で、自ら善悪を判断するようになりました。

 今日、文明が発達した結果として、人間はあらゆる知識を蓄え、己が知性を誇ってはいますが、それでも、人間の魂の知識は人をただ不幸な暗闇へと導くだけで、何の救いももたらしてはいません。

 こうして、堕落した肉(魂+肉体)が人の中で最高位を占めるようになり、真理を知らない魂が、霊に代わって人を治めるようになって、肉→魂→霊、と優先順位が転倒しました。

 その結果、人は霊によって自分自身を治めることができなくなり、誤った偽りの知識と、肉の欲望の奴隷となったため、人の人生にはあらゆる悲惨や混乱がつきものとなりました。人は生まれてもただ暗闇の中をさまよい、罪と死に至るだけです。再生されていない人は、どんな努力によっても、その状態を変えることはできません。

 しかし、人が罪を悔い改めて、御子イエスの十字架の救いを信じて神に立ち返ると、血潮によってあらゆる罪から贖われます。そして、聖霊がその人のうちに住まわれることによって、人の霊も生かされます。

 しかし、多くのクリスチャンは、その時点では、罪が赦されたことと、御霊が我がうちに住まわれたことをただ信仰によって信じているだけで、聖霊の導きをまだはっきりと内に感じることはありません。

 彼は霊によって導かれる人にはまだなっていません。また、肉の誘惑に打ち勝つことができる力もほとんどありません。自分を覆っている無気力や、挫折感、罪深い各種の誘惑や、失意の念がどこからもたらされているのかも知らず、これに打ち勝つべきであることも知りません。

 そのような時点でのクリスチャンは、まだ生まれたばかりの肉的なクリスチャンで、思いを識別することもできませんし、罪に勝利する力もほとんどありません。ある日、涙ながらに、罪と訣別する決意をしても、翌日には、また罪に戻っているような有様です。しばらくの間は、救われる前に耽溺していた罪との格闘、そしてそれに打ち勝つ力がないための敗北が続くでしょう。

 そのような時点でのクリスチャンの中には、一生懸命に聖書を読み、御言葉を知識として蓄積し、主のために多くの活動をする人たちがいますが、依然として、彼の活動の内には、聖霊の命が働いていません。そのため、彼の働きはその熱心さにも関わらず、実を結ばず、ただ余計なおせっかいのようになるだけか、もしくは死んだように力がありません。

 この時点でのクリスチャンは、まだ、肉→魂→霊という転倒した優先順位の中で生きています。神のための奉仕ですら、肉の力によって決行しています。

 このような信者が、御霊に導かれる人となるためには、まずは上記の順位を覆し、肉体と魂を霊に服従させ、御霊の導きの下、人が自分自身の内側で、霊を真の主人とならせることがどうしても必要なのです。

 そのために、信者は、肉体と魂に働く古い性質を、御子の十字架を通して死に渡す必要があります。


十字架には肉の働きに対する霊的死の効果がある

 多くのクリスチャンは、御子が達成された十字架を、ただ罪からの贖いとして受け取るだけですが、実際には、御子の達成された十字架にはより深い働き――肉の働きに霊的な死をもたらす効果――があります。

 なぜなら、キリストの十字架は、彼を信じる全人類の罪深い肉そのものに対する死の刑罰だったからです。

 このようにして、キリストの十字架における霊的な死が、信者の肉に適用された時に、初めて、信者は、自分の肉体や魂に働く、古き悪しき性質が、キリストと共に十字架で死に渡されたことが事実であること、そして、キリストの復活の命にある新しい法則が、自分のうちで実際により深く、より力強く働くようになるのを知るでしょう。

    私たちは肉が罪なる性質を持っていることを知っています。御言葉はこう述べます。
「肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、享楽、および、そのたぐいである。」(ガラテヤ5:19-21)

 これらの肉の働きが邪悪なものであることはあえて説明する必要もありません。しかし、ここに、うっかり見落としてしまいがちな点があります。それは、肉は不義をなすことができるだけでなく、善を成し遂げることもできるということです!

 一般的なクリスチャンの多くは、一生懸命に日曜礼拝を守り、早天・徹夜・断食・祈祷などに参加し、献金を捧げ、トラクトを配り、救いを知らない魂をキリストに導くために、考えうる限りの「良い活動」に真面目に従事しようとしています。

 あるいは熱心に祈りと賛美を捧げ、自他を楽しませる各種の奉仕活動に従事しています。

 彼らは外面から見れば、まっとうな、とても立派なクリスチャンのように見えるかも知れませんし、自らそう信じ込んでいる人々も多く存在することでしょう。

 確かに、彼らは自分たちは世の罪人よりははるかにましな生活を送っており、自分達は肉的でないとさえ思っています。しかしながら、多くの場合、彼らには、表面的な正しさはあっても、神の命の現われがありません。むしろ、実際に、信仰生活の前進のなさに悩んでいることさえ多いのです。

 なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 それは、その人が依然として、肉に頼って善行を行っているからであり、肉により頼んで、聖霊に従おうとし、肉により頼んで、神を喜ばせようとして、むなしい努力を続けているからなのです。

 彼らは肉そのものが神の目に忌むべきものであることを知らず、また、自分たちの伝道や祈りや奉仕が、肉によって持続されていることを知らず、自らの肉が御子の十字架ですでに死に渡されたという事実にも立っていません。

 私たちは、肉には邪悪な働きがあるだけでなく、一見、善のように見える働きもあるということを、よく覚えておく必要があります。しかし、善のように見えようと、悪のように見えようと、依然として、「肉から生まれる者は肉」(ヨハネ3:6)であり、「肉にある者は、神を喜ばせることができない」(ローマ8:8)のであり、「肉の欲するところは御霊に反し、また御霊の欲するところは肉に反する」(ガラテヤ5:17)のです。

 残念ながら、クリスチャンは、肉において礼拝を捧げ、肉において祈り、肉において賛美をし、肉において奉仕をし、肉において献金をしたりするということが、実際にあり得る(むしろ、大いにあり得る!)ということに注意せねばなりません。

 いかにそれが人の目に敬虔な礼拝のように見えようと、もしその礼拝が肉によって捧げられているならば、それは神の目に忌むべき礼拝なのです。

 このように言うと、「もはや何が正しいのか、私には全く分からなくなりました」と言う人が出て来るかも知れません。「自分では良いと思っていた奉仕さえ、肉によって成し遂げられていたかも知れないというなら、私はもうどうしたら良いか分かりません。」と。

 私は思うのですが、そのような場合は、今まで「神のために」行って来た活動をいったん脇に降ろすことをお勧めします。そして、改めて主が、あなたに一体、何を望んでおられるのか、それが明確に見えて来るまで、性急に動くことなく、神に直談判して熱心に問いかけつつ、神と深く交わりながら、御心を探ることをお勧めします。神の御心にのみ、心を傾け、人の忠告には耳を傾けないのが良いでしょう。
 
 さて、肉による善は、肉による不義ほどまでに、汚れたものに見えないかも知れませんが、実際には、神から見て、肉による悪と同じように、滅ぼされるべき、呪われた「肉」なのです。そのことを知らないで、依然として、肉による善行に頼って生きていることが、多くのクリスチャンが信仰生活において敗北する原因となっています。それがどれほど熱心に奉仕しても、それがいかなる実をも結ばないどころか、いずれその礼拝が、神の御心に反する効果を生む最たる原因なのです。

 また、ここではあまり深く触れませんが、悪魔は、信者の魂と肉体の領域に、霊の感覚の偽物を作り出すことができます。素晴らしい賛美や、祈りや、各種の大会など、感覚的に喜ばしい体験を通じて、信者の心を虜にして、「こんなに心地よく素晴らしい体験が起きるのだから、自分は聖霊に従っているのに違いない」と思わせながら、偽りの霊的体験の中を歩ませることができるのです。

 このような感覚的な欺きにとらわれないためにも、信者は、何が「良い」ものであり、何が「悪い」ものなのか、自分の感覚によって判断するのではなく、御霊の導きによる識別力が必要です。また、自分の肉に働く感覚的誘惑に対して、十字架における霊的死を経る必要があります。

 信者が肉の邪悪な働きに対して死ぬためには、キリストと共なる十字架の霊的な死のより深い理解、より深い適用が必要です。それを実際としてくれるのが、御言葉です。

 
キリスト・イエスにつく者は自分の肉を十字架につけてしまった

 さて、十字架のより深い理解と適用とは何でしょうか。それは、信者の肉は、すでにキリストと共に十字架につけられて死んだ、という事実を信じ、それを信仰によって、信者が自分自身に適用することです。

「キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。」(ガラテヤ5:24)

 信者は、御言葉に基づいて、神の事実を堅く信じ、キリストと共なる十字架における肉の死が、信仰を通して自分自身にも適用されたことを信じて受けとる必要があります。

 神の事実とは、御子イエスが十字架にかかられ、肉体に死なれた時、御子を信じる全ての信者の肉も、彼と共にはりつけにされて死んだ、という事実です。信者の肉も、主と共なる十字架においてはりつけにされ、死刑宣告を受け、裁きを受けて死んだのです。

 私たちが自分の肉を十字架につけるために、新たな十字架を作り出す必要は全くありません。それはすでに御子が達成されたのです! 御子イエスが十字架において、その肉体に死なれた時、彼はご自分の肉の中に、信じる者全ての肉を含められました。

 彼はご自分の肉の中に、滅ぼされるべき全ての肉を含まれたのであり、そこには私たち信者の肉も含まれている、という事実を信者は信じ、そこに立脚しなければなりません。

 その事実は、信者の現在の状態とは全く関係ありませんし、信者にそのような「実感」があるかどうかとも関係ありません。信者が今現在、敗北的な生活を送っているのか、それとも勝利の生活を送っているのか、そのどちらなのか、といった感覚的・現象面の問題や、あるいは、信者が生きている時代が、御子の歩まれた時代とどれほど遠かろうとも、関係ありません。

 御子イエスの十字架は、時空間に関係なく永遠に達成された神の事実なのです。ですから、信者は、時空間を超えて、自分の個人としての特徴や限界をも超えて、永遠において信仰によって(!)、その事実の中に入りこみます。

 こうして、信者は信仰によって、主イエスと共なる十字架に入りこみ、これと一体化し、その事実を永遠から、今の自分の存在する時空間に、信仰によって引っ張ってきて、自分自身に適用するのです。

 信者はただ自分の現在の限界あるみじめな状態だけを見つめて、それを基準として、御言葉を信じられるかどうか判断すべきではありません。御子イエスが、すでに私たちの肉を十字架上ではりつけにし、死に渡された、という神の事実を信じ、神の永遠の事実を現在の自分に適用すべきなのです。

 信者がキリストと共に十字架上で自分の肉が死んだことを信じ、その事実を経験として知るためには、言葉において、声に出して、御言葉を宣言し、自分に適用することも有効であると私は思っています。

 そのようにして、確信をもって事実の中にとどまるならば、信者はある時、本当に、自分の肉の働きが十字架につけられて死んでいることを実際に経験するでしょう。


肉の各種の働き(心の思い、計画、提案)の出所を御霊によって見分ける

 信者は、御子イエスの十字架の、このようなより深い理解と適用によって、それまでどうしても打ち勝つことができなかった自分の肉の罪深い欲が、死んだように鎮まり、肉の罪なる性質から解放されたという経験を持つかも知れません。

長年、悪いと分かっていながらやめられず、どうしても打ち勝つことのできなかった罪深い習慣が、主と共なる十字架の死が実際になった時、打ち砕かれた、という体験をするかも知れません。

しかし、このようなことは、肉に対する十字架の霊的死の適用の最初の第一歩に過ぎません。

悪習慣が打ち破られたことは、肉に対する霊的な死が適用されたことの現れではありますが、そのような経験があったからと言って、そこで、信者はあたかも自分が全く聖なる者とされ、肉から完全に解放され、もはや肉を死に渡す必要が一切なくなったかのように思うべきではありません。

なぜなら、それは肉の働きに打ち勝つためのほんの最初の一歩に過ぎないからです。信者が常に目を覚まして、御霊によって導かれ、
「霊によって体の働きを殺す」(ローマ8:13)ことを続けないならば、肉はまた別な方法で信者を虜にし、罪の中へ落ち込ませるだけでしょう。

そこで、信者にはさらなる前進が必要です。あれやこれやの悪習慣が取り払われたといったところで満足して終わるべきではありません。

ですが、前進と言っても、「一体、何が肉の働きであり、何が御霊の働きなのか」、信者自身が、明確に識別できるようにならなければ、何に打ち勝つべきなのかすらも分かりません。

罪深い各種の欲望は、誰にでもすぐに肉の働きであることが分かりますので、キリストと共なる十字架の霊的な死の意義を知っているならば、信者が、自分の魂にそのような悪しき思いが去来した時、その虜にされずに、その欲望を十字架において否むことは、比較的容易です。

しかしながら、肉の働きは、すでに述べた通り、誰にでもすぐに「悪いもの」と分かるような形ばかりを取ってやって来るわけではありません。御霊によらない悪魔的な知恵が、あたかも「善良な」知恵のように、信者の心に思い浮かぶこともありますし、人からの「良さそうな提案」の形でやって来ることもあります。

ですから、信者は、自分の中に思い浮かぶ(もしくは人から提案される)さまざまな計画、思い、願い、知恵などが、一体、どこから来たものなのか、それが本当に神の御心にかなうものなのか、その出所を識別する力を養わなければならないのです。

そして、神から来た提案であれば、それを採択し、神の御心に反するものであれば、十字架においてこれをきっぱり退ける、ということをせねばならないのです。

神から来たのでない提案であっても、「良さそうだから」という理由でどんどん受け入れていると、信者の人生が破滅することになりかねません。しかし、人自身の知恵によっては、何が正しく、御心にかなう知恵で、何がそうでない悪魔的な知恵なのかを、自分の力だけで、完全に識別することはできないのです。

ですから、それを見分ける力を与えてくれるものは、御霊です。御霊による識別力というものが、信者が神の御心に従う上で、極めて重要になって来るのです。


御霊によって物事の限度や節度をわきまえる

さらに、信者は、何がどの程度、自分に許されたことであるのか、その限界をも、御霊によって識別することを学ばねばなりません。

たとえば、信者は、地上での肉体を持つ人間ですから、毎日、食べたり、飲んだりして、自分を養わなければなりません。信者が食べたり飲んだりすること自体が、「肉欲に従う罪深い行為」であるわけではありません。もしそうならば、信者は絶食の果てに死ぬことしかできませんが、そのようなことは神の御心ではありません。

しかし、もしも信者が「飲んだり、食べたりすることは罪ではない」からと言って、過度に食べたり、飲んだりしていれば、当然ながら、それは不健康の源になって行きます。

働くことも同じです。健全な自立を保つために働くことは有益ですが、あまりにも働きすぎていれば、当然ながら、体を壊しますし、生活も秩序を失っていきます。

ですから、信者は自分に許されている罪でない事柄が数多くあったとしても、一体、どの程度であれば、それが自分に有益なのか、適切な限界や、節度といったものも、御霊によって識別する必要があるのです。

どんなことでも、一定の限度を超えて、むさぼるようになると、それは神の御前に罪となって行きます。それは音楽を聴くことや、交わりを楽しむことや、あらゆる「無害」に見える行為に同じようにあてはまるのです。何事も、信者は自分を失うまでに没入すべきではありませんが、信者に健全な自制心や、我を忘れさせるような限界点が来る前に、「これ以上は危険ですよ」というシグナルを、御霊は的確に与えてくれるのです。その時に、御霊の警告を無視して突き進むと、信者の人生に何らかの害が及ぶことになります。

しかしながら、御霊の導きを最初から信者が完全に識別することは難しい、と私は思います。信者の歩みは一足飛びにはいきません。まずは罪深い悪習慣の虜から解放されなければならなかったように、学習は少しずつ進みます。何が御霊の導きであるのか、信者がそれを非常に繊細な感性を持って細部に渡るまで敏感に受け取り、見分け、従うようになるまでには、時間がかかるのです。

しかし、たとえその学習の過程で、明らかに御霊の導きと分かっていたものに、信者が従いそこなって、何らかの害を受けたり、罪の中に逆戻りするようなことがあったとしても、信者はそこで落胆すべきではありません。

そのようなことは、確かに、失敗に見えるかも知れませんが、同じ失敗でも、以前のように、何も理解していなかったがゆえに、ただ状況に翻弄され、罪の虜になっていただけではありません。それは、一定の気づきを伴った失敗です。信者はどうすれば、そのテストに合格できたのか、今や自分で知っています。

ですから、次に似たようなことが起きる時、以前のような行動を繰り返してはなりません。そのようにして取り組んでいくうちに、信者は、罪に対する勝利の力が自分の内にあること、内におられる御霊が、必要な知恵を供給して下さることを徐々にはっきりと知るようになるでしょう。

信者は、たとえ最初からすべてがうまく行かなかったとしても、あくまで御霊から来たのではない肉の働きを十字架において否む、ということを続けて行かねばなりません。その試みをずっと続けているうちに、やがて、たとえ肉の誘惑は依然として存在しているようであっても、罪にはもはや信者を奴隷として支配する力がない、ということを見いだすでしょう。
   
人間は地上にある限り、肉体という幕屋から逃れることはできません。それは、信者が生きている限り、肉の誘惑と100%無縁の人生を送ることはできず、また、霊によって体の働きを殺す必要性から完全に解放されることもできないことを示しています。

しかし、だからと言って、悲観したり、絶望したりする必要はありません。

キリストという完全な模範がおられます、そして、この方が信者の内に住んでおられるからです。キリストは私たちと同じように、弱く限界ある肉体を持って、地上で生活を送られました。しかし、それにも関わらず、肉の誘惑に従って罪を犯すということがなかったのです。サタンと、罪と、この世にすでに打ち勝ったキリストが内におられる限り、信者には、霊によって肉を治めることが可能なのです。信じて下さい。それはキリストによって可能なことなのです。


御霊によって肉を治め、神への従順を成し遂げる新しい人

もう一度言います。信者が地上にある限り、肉そのものが消え去るわけではありませんが、信者がこれを治めることは可能なのです。

信者は、死に至るまでの従順によって、神の御心を完全に満足させたキリストのゆえに、自分自身の肉を治めることができますし、またそうすべき立場にあるのです。にも関わらず、信者が肉によって治められ、翻弄されている状態こそ、あるべきではないのです。

かつてカインがアベルに嫉妬し、弟を殺そうと企てたとき、神はカインに向かって「罪が戸口であなたを慕って待ち伏せている。あなたは罪を治めなければならない」と語られました。

今日、神を信じている信者が、嫉妬ゆえに誰かを殺そうと考えることはまずないと思いますので、ここで、どうやって「殺意に打ち勝つか」という方法について語る必要はないものと思います。しかし、それでも、信者は、各種の罪深い思い(御霊から出たのでない思い)の誘惑に取り巻かれて生きていることは否定しないものと思います。その中には、まことしやかに善良な知恵を装って近づいて来る悪しき思いもあります。

こうした、御霊から出たのでない思いが、自分に忍び寄って来る時、信者はその出所を巧みに見分けて、神に喜ばれない思いを「治める」(=十字架において否む、勝利する)術を学ばなければなりません。

誰が見てもそうと分かる罪深い悪習慣に打ち勝つ以上に、これは重大で困難な学課です。なぜなら、もしそれができてさえいたならば、アダムもエバも、蛇の提案に耳を貸すことはなかったはずだからです。アダムもエバも、カインのように低級で俗悪な罪の誘惑に負けたのではありません。彼らは一見「良さそうに」見える提案の出所をきちんと識別できずに、欲に誘われて行動してしまったゆえに堕落したのです。

ですから、今日、信者にとって極めて重要なのは、すべての知恵が神から出たものではなく、たとえ良さそうに見えても、悪魔から来る知恵、悪魔から来る提案、というものが確かに存在しており、それらが信者を慕い求め、信者を堕落させようと、絡みついて来ていることに気づき、そうした思いや計画の出所を御霊によって見分け、神から来たのでないものを退ける秘訣を学ぶことなのです。

このように、信者が神から出たのでない知恵をすべて見分けた上で、これを否み、治め、無効とすることが求められているのです。

それが、パウロの書いた、
「私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に 逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに 服従させ、 また、あなたがたの従順が完全になるとき、あらゆる不従順を罰する用意が できているのです。」(Ⅱコリント10:4-6)ということの意味なのです。

人は、神によって地を治めるべく創造されたわけですから、人はその思い、行動によって、神の権益を代表して立たなければならない存在です。そのために人は造られたのです。

第二のアダムであるキリストが神への従順を成し遂げたにも関わらず、今日の信者が、最初の人アダムと同じように、悪魔の権益の代表者となって肉によって治められて生き、堕落していてはいけないのです。

今日、信者に必要なのは、あたかも神から来たように装いながら、人を堕落させるだけであるサタンの高ぶりに基づく偽りの「知恵」をことごとく見抜いて、これを否み、撃退し、その誘惑に勝利して、自分自身の思い、行動、すべてをキリストに服従させて、霊によって治め、神への従順を成し遂げることです。

キリストが成し遂げられた御父への従順を、信者もまた地上において成し遂げるよう期待されているのです。キリストがおられるがゆえに、信者にはその可能性が開かれました。

そのようにして、御霊の導きに従い、神の御心に従って「地を治める」ことが、信者の使命です。アダムが失敗して成し遂げられなくなった使命を、キリストにあって成就するのです。そうなった時にのみ、人は神にかくあれかしと造られた被造物本来の健全さ、美しさ、尊厳、輝き、を取り戻すことができるでしょう。

また、その時こそ、人の支配が、地に実りと調和をもたらすようにもなるでしょう。信者がキリストに似た者となるので、信者による霊の支配も、神の栄光を如実に反映させるものとなるのです。

2009年9月23日 (水)

主につまずかないために

 イエスは言われた、 「私につまずかない者は幸いです」と(マタイ11:6)。この言葉を思う時、私は厳粛な思いにさせられる。私たちは一体、信仰生活を送る上で、何に最もつまずかされているだろうか? 聖書的な知識の欠如? 未熟なクリスチャンたちの冷たい態度? 日曜礼拝の味気ない説教? 教会組織の不本意なあり方? それとも、私たち自身の自己中心や不完全さ?

 答えは、そのどれでもない! イエスが言われたことは、真理そのものが、私たちがつまずく最大原因となるということなのである。他のどんなものよりも、イエスご自身が、私たちのつまずきの源となるのである。イエスという岩の上に落ちる人は、粉みじんに砕かれ、またその岩が落ちかかっていけば、人を粉みじんに打ち砕く、という御言葉の意味がそこにある(ルカ20:18)。

 イエスにつまずく。この言葉は、自分をクリスチャンだと思っている人々には、厳しいものとなるだろう。何しろ、私たちが最も愛していると思っている主に、他ならぬ私たちがつまずくのだ。つまずくということは、主から顔を背け、主を見捨てることと同じである。イエスが十字架にかかられる前に、弟子達が主を拒んで散り散りに散ったように、私たちも、思いを頑なにして、主から離れるときが来る、ということをイエスは予告されたのである。
 以下、色を変えてある部分は、ジェシー・ペン-ルイス著、「つまずかない者は幸いです」からの引用。

「その時、イエスは彼らに言われた、『あなたがたはみな、私につまずくであろう』。」(マタイによる福音書26章31節)

「ペテロは答えて言った、『たとえ、みんながあなたにつまずいても、私は決してつまずきません』。弟子たちもみな同じように言った。」(マタイによる福音書26章33、35節)

 主がこの世に来られた目的が成就される時が近づいたとき、彼はご自分の小さな群れにむかって、「あなたがたは、私につまずくであろう」と言われました。主は彼ら以上に、彼らのことをご存知でした。主の言葉は彼らの激しい抗議を引き起こしましたが、後に、「彼らはみな、彼を見捨てて、逃げ去った」と聖書は記しています。

 十字架のつまずきは、まだやんだわけではありません!昔、主に身近な者たちが主を見捨てたように、私たちも主を見捨てるかもしれないのです!

 「脱穀」が始まった時、私たちは試みに耐え、私たちの信仰の告白を揺らぐことなく堅く保ったかもしれません。私たちは、主が選んで遣わされた僕たちを通して、主の幻を見、主の御声を聞いたかもしれません。私たちは、彼の真理の鋭い刃を喜んで受け入れ、神の力強い御手の下にへりくだったかもしれません。私たちは、彼の御言葉を自分の心に秘め、彼に従ってその道を歩む時、「つまずかなかった」かもしれません。

 これがすべて真実だったとしても、主の十字架の真の交わりが身近に迫るとき、あの晩、ペテロが裁きの間で主を見捨てたように、私たちも主を見捨てるかもしれないのです。

 「私につまずかない者は誰でも、幸いです」は、特に今日のためのメッセージです。私たちは厳しい時代に生きており、多くの人は、主の再来が近づいていることを、内側深くで感じています。


 私にも、今までの人生で、何度も、主を捨てて立ち去った瞬間があった。それが、私が真理につまずいた瞬間だった。つまずきの瞬間は、暴露の瞬間である。人の心の中で、何が至高の価値であるかが、その瞬間に、暴露される。イエスを信じていると言いながら、真理以外のもの(=セルフ)を大切にしているならば、その人はその決定的瞬間に、必ず、真理なるお方を見捨てる。そして、光を捨てた報いとして、暗闇がやって来て、平安のない、混乱に満ちた人生が始まるのである。

 キリストのからだの生ける肢体たちは、火によってためされつつあります。すべて「火に耐える」ものは、「火の中を通され」つつあります(民数記31章23節)。

 一つの力が、(主を)告白する教会の中で働いており、主と真に結合されている者たちを、神と小羊へと分離しつつあります。

 十字架への招きが試金石です。十字架の道が試金石です。キリストは、「自分の十字架を負って、私について来ない者は、私にふさわしくありません」と何度も言っておられます。

 私たちの中で、小羊に従い、「つまずかない」人々は誰でしょう?

 主ご自身が、「私の名を告白する者の多くは、終わりの時代に『つまずく』であろう」と予告されました。

 「私の名を名乗る者が大勢現れ、『私こそキリストだ。』と言って、多くの人を欺くでしょう。また、あなたがたは、戦争、飢饉、疫病のうわさを聞くでしょう。・・・また、私の名のために、あなたがたはすべての国の人々に憎まれます。・・・その時、多くの人がつまずき、互いに裏切ります。」(マタイによる福音書24章5~10節を見よ)

 時がたつにつれて、「十字架のつまずき」はますます激しくなるでしょう。この世は、キリストのからだの生ける肢体たちに、ますます激しく敵対するようになるでしょう。十字架を拒絶し、主の身代わりの死による救いの知らせを拒絶し、主に従って主の犠牲の道を歩むことへの召しを拒絶する人々は、十字架に栄光を帰し、十字架につけられたイエス・キリスト以外に人々の間で何も知らない人々を、ますます激しく拒絶し、憎むようになるでしょう。その時、「多くの人がつまずき」ます。しかし、悲しみの始まりの時代に、神と兄弟に「つまずかない者は誰でも、幸いです」。

 恐らく、今はつまずきの最も激しい時代なのであろう。キリスト教界の中で、何と多くのクリスチャンを自称する人々が、真理に、十字架につまずいていることだろう。十字架にあるはずのまことの命を否定し、互いに裏切り、告発し合って、果てしない罪定めのし合いという、泥仕合で信仰生活を終えてしまっている人々がどれほどいることだろう。悲しいことである。十字架がすでに全ての争いに対する和解の生贄を提供しているというのに、それを受け入れることができずに、司法の場に改めて和解を求めている人々がいるのだ。

 また、被害者のカウンセリング、各種の心のケア、リハビリテーション、などの心理学的方法論をさまざまな教会が公然と取り入れ、カウンセラーや牧師の手腕を堂々と誇って、世に宣伝し、まことのカウンセラーたる聖霊を強引に押しのけ、影に隠していることも、つまずきである。人知による方法論を誇り、十字架による復活の命を、人の目に触れないところに隠してしまっている人々も、十字架につまずいている。

 その他にも、生活の安穏を大切にしすぎるあまり、日々の十字架を負うことを拒んでいるクリスチャンがいる。自分たちの築いてきた組織形態に固執するあまり、他のクリスチャンを否定する人々もいる。合計するならば、おびただしい数のクリスチャンが、今日もキリストにつまずいていると言えるだろう。そして真理につまずいたクリスチャンが、まことのクリスチャンを攻撃し、迫害するという構図が続いているのである。

 私もかつては同じように無知なクリスチャンであり、死んでいた者だった。しかし、今は内なる人が変えられることによって、無知と誤謬から救われた。それはひとえに、私の努力や知識によるのでなく、ただ御霊の啓示によったのである。

 人に真理を啓示する力を持っているのは、聖霊だけである。その御霊を抜きにして、人が神の思いを知り、それに従うことは不可能である。過ちを犯した後の真摯な後悔や、自己反省や、カウンセリングとリハビリが人を救うのではない。

 「私がこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがつまずかないためです。」(ヨハネによる福音書16章1節)

 主は、私たち自身と、私たちの弱さ、失敗、罪を啓示される時、必ず、私たちの必要を満たす神聖な備えについても知らせて下さいます。

 主は晩餐の席上、「今晩、あなたがたはみな、私のゆえにつまずきます」と言われました。しかし、主と弟子たちが別れる前に――主は十字架と苦難に、弟子たちは恥と悲しみに向かう前に――、主は弟子たちに神聖な秘密を解き明かされました。弟子たちは、その神聖な秘密によって、主が自分たちから取り去られても、また、取り残されて、主の御名を負い、彼のゆえにすべての人から憎まれる(ヨハネによる福音書15章18節) ようになっても、「つまずかない」でいることができました。

 主は弟子たちに、短く次のものを約束されました。

  • 慰め主なる聖霊の賜物
  • 復活された主の現れ
  • 父なる神を知る知識

 「私は父にお願いしましょう。そうすれば、彼は別の慰め主をあなたがたにお与えになります。」(ヨハネによる福音書14章16節)

 「私は(あなたがたに)私自身を現します。」(ヨハネによる福音書14章18~21節)

 「私の父は彼を愛され、私たちは彼の所へ行って、彼と共に私たちの住まいを造ります。」(ヨハネによる福音書14章20~23節)

 慰め主なる聖霊は、キリストに関する事柄を弟子たちにとって実際とし、彼らにキリストの心を伝えます。また、彼らにキリストのいのちを分け与え、彼らをキリストの平安と喜びで満たします。  内住する慰め主によって慰められている人は、「つまずき」ません!

 弟子たちが聖霊の慰めの中を歩むなら、復活されたキリストはご自身を彼らに現されます。そして彼らは、共に栄光にあずかる者となるために、喜んでキリストの苦難にあずかる者とされます。

 復活された主と親密に交わる人は、「つまずき」ません!

 弟子たちが啓示されたキリストの御旨に絶対的に従順に歩むなら、主は彼らにはっきりと御父について語られます。そして彼らは、聖霊によって、御子を通して、御父を内住する方として知るようになります。

 御父を知ることを学んだ人は、「つまずき」ません!

 「私につまずかない人は誰でも」、父なる神、子なる神、聖霊なる神の祝福によって、「祝福されて」います。

 
 真に御霊によって歩くことを学んだ人は、もはや真理につまずかない。キリストの復活の命によって生き、御父のご計画を、御霊によって理解し、命なるキリストのご性質を自分自身のものとして保ち、父と子と聖霊との一致の中に完全に引き入れられている人には、決して、十字架につまずくということは起こらない。
 さらに、そのような人の歩みは、徐々に洗練されたものとなっていき、他のクリスチャンををつまずかせることがなく、彼らの信仰を成長させるような歩みとなるだろう。

(ただし、これはあくまで、真に神の霊によって生まれた兄弟姉妹のことを指すのであって、イエスに従って歩まない偽兄弟は含まれない。滅びゆく人々にとっては、真理そのものがつまずきの源であるから、そのような定めにある人々は、真理に従うクリスチャンにも、必ずや、つまずくだろう。そういう意味では、真のクリスチャンは、イエスがそうであられたのと同じように、世人にとっては、常につまずきの石である。しかし、滅びに定められた人々が真理につまずくことは、私たちの責任ではない。私たちが注意を払うべきは、同じ御父から生まれた兄弟姉妹たちをつまずかせることがないように、ということである。)


 メッセージを終える前に、この今の邪悪な世に生きていながらつまずかない人々の特徴について、簡単に注目することにしましょう。

 彼らは「純真で、非難されるところのない者」です(ピリピ人への手紙1章9、10節)。なぜなら、彼らは深い謙遜と愛の中で、「務めがそしられないために、どんなことにも、つまずきの機会を与えない」ように努めるからです(コリント人への第二の手紙6章3節)。

 彼らは、知恵を持たない人々に対して、知恵によって接します。それは、「彼らをつまずかせないために」(マタイによる福音書17章27節)、主が知恵によって行動されたのと同じです。

 彼らは他の人々のために、合法的なものでさえも喜んで犠牲にします。それは、人々が「つまずいたり、・・・弱められる」ことがないためです(ローマ人への手紙14章21節)。

 彼らは、自分の生活を対処する時、自分を「つまずかせる」ものを(マタイによる福音書18章8、9節)、すべて断固として捨て去ります。なぜなら彼らは、主が次のように言われたことを知っているからです。

「この世はつまずきがあるから、災いです!つまずきが来ることは避けられません。しかし、つまずきをもたらす者は災いです。」(マタイによる福音書18章7節)

 十字架の要求につまずく者は、他の人々が歩む道の「つまずき」、あるいは「つまずきの石」になります。

 「つまずきが来ることは避けられません」。これは貧しい世にとって、何と悲しい言葉でしょう!この世はつまずきがあるから、災いです。不幸なことに、世は、神に似つかわしくない子供たちのために、神に背を向けているのです。

 クリスチャンを自称しながら、十字架の赦しにも、和解にも見向きもしようとせず、己を義人と考えて高ぶり、他人を容赦なく罪に定め、その結果として、互いに殺し合ったり、法廷で裁き合ったりしているクリスチャンを見れば、世が彼らにつまずくのは当然であろう。そのようにして、十字架に背を向けたクリスチャンが、クリスチャン全体の名折れになってしまっていることは言うまでもない。

 しかし、つまずきをもたらさないとは、それ以上のことである。私たちがたとえ十字架を拒んでいなくとも、うっかりした言動によって、信仰に入ったばかりのクリスチャンに誤解を与えたり、つまずきとなることは、できる限り、避けなければならない。この点で、自分にはすでに十分な思慮が与えられているので、誰のつまずきともならず、神に知恵を願い求める必要もないと断言できるような人は、一人でもいるだろうか?

 私は自分がこの点で軽率であり、知恵と知識に欠けていることを思わざるを得ない。しかし、兄弟姉妹たちの信仰に配慮するために必要な知恵を、願い求めるならば、御父は必ず与えて下さるだろうと信じる。


 神は私たちに恵みを与えて、つまずかない者にして下さいます。そして、つまずきをもたらす者たちの災いから、私たちを救って下さいます。

 「あなた(あなたの御旨)を愛する者たちは、大いなる平和を持ち、何ものも彼らをつまずかせることはありません。」(詩篇119篇165節)

 神を愛する愛の中には、大いなる平和があり、その平和が、まことのクリスチャンを一切の争いから救い、調和のうちに一つにしてくれる。自分の未熟さを知りつつ、畏れを持って、キリストの完全さを切に追い求めていくならば、御霊の与える知恵が、私たちの愚かさと無配慮に対する美しい覆いとなってくれ、私たちが主の戒めからはみ出すことのないように、歩みを健やかに守ってくれるだろう。それは私たち自身にとっても、蜜のように甘く、金よりも貴い、麗しい知恵である。

 「主のおきては完全であって、魂を生きかえらせ、
 主のあかしは確かであって、無学な者を賢くする。<…>
 主を畏れる道は清らかで、
 とこしえに絶えることがなく、
 主のさばきは真実であって、ことごとく正しい。
 これらは金よりも、多くの純金よりも慕わしく、
 また蜜よりも、蜂の巣のしたたりよりも甘い。
 あなたのしもべは、これらによって戒めをうける。
 これらを守れば、大いなる報いがある。」(詩篇19:7-11)

2009年9月11日 (金)

生ける水の川々

「おおよそ人を頼みとし 肉なる者を自分の腕とし、
 その心が主を離れている人は、のろわれる。
 彼は荒野に育つ小さい木のように、
 何も良いことの来るのを見ない。
 荒野の、干上がった所に住み、
 人の住まない塩地にいる。

 おおよそ主にたより、
 主を頼みとする人はさいわいである。
 彼は水のほとりに植えた木のようで、
 その根を川にのばし、
 暑さにあっても恐れることはない。
 その葉は常に青く、
 ひでりの年にも憂えることなく、
 絶えず実を結ぶ。」(エレミヤ17:5-8)

「『わたしは産ませる者なのに
 胎をとざすであろうか』と
 あなたの神は言われる。

『すべてエルサレムを愛する者よ、
 彼女と共に喜べ、彼女のゆえに楽しめ。
 すべて彼女のために悲しむ者よ、
 彼女と共に喜び楽しめ。
 あなたがたは慰めを与えるエルサレムの乳ぶさから
 乳を吸って飽くことができ、
 またその豊かな栄えから
 飲んで楽しむことができるからだ』。」(イザヤ66:9-11)


 オースチン-スパークスの「生ける水の川々」から

 「主は私たちを通してご自身を注ぎ出すことを願っておられ、私たちを通してただひたすらご自身を注ぎ出すことを願っておられることを、主は示しておられます。
『その人から生ける水の川々が流れ出るようになる』。これが彼の願いです。

 どうか私たちの共同の黙想が、このような結果をもたらしますように。干上がった水路はみな満たされ、乾いた土地はみな潤され、霊的干潮はみな満潮に場所を譲りますように。私たちは個人的にも団体的にも自分がまったく取るに足りない民であることを知っていますが、それでも、主はこの道を歩まれるということが新たに知れわたりますように。
 『国々や地の果てにも届くほど、水の量が増し加わることは可能である』と言っても、言い過ぎではありません。それは主が私たちにあってなさることのためです。これが現実となるよう、信仰にとどまりましょう。」

 聖霊降臨の起こったその日、聖霊である生ける水の川々が信徒に上から豊かに注がれた。その時、信徒はそれまでのように、自らの知識によってイエスを理解しようと努力する必要がなくなり、ただ御霊の教えてくれる通りに、父なる神と御子イエスを、そして主の貴い十字架の意味を理解するようになった。

 私にこのことが起こった時(それは聖霊派の言うペンテコステ体験のことではない、十字架における復活を経た後のことである)、福音の本質が驚くほど単純であることに目が開かれた。その単純さはどこから来ていたかというと、「すべては主によってすでに終わった(完成された)」というところにあった。
 この世や、私たち人間に必要な全てのことは、すでにイエスが完成された。イエスの地上での生涯と、十字架における死と、復活と、天に昇られ、御座につくことを通して、すべては成就したのだ。サタンの最後でさえも、すでに定められている。だから、私たちにはもう努力してなすべきことは何も残っていない。ただ御霊の導きに従って、地上で定められた道を歩む他には。

 そのことが分かった時に、これは本当に楽だと思った。すでに道は敷かれており、私たちはそこを安息のうちに楽しみながら歩いて行けばよいと言われているだけなのだ。聖書の字義的解釈がどうとか、神学がどうとか、終末がどうの、再臨がどうの、ハルマゲドンがどうのと言って騒いでいる人たちは一体、何をやっているのだろうか、と、その時、私は思った。1000人教会とか、5000人教会とか、リバイバルだとか言っている人たちは、何をやっているのだろうか。
 すべてはもう完成されている。人間側からの努力は一切必要ないというのに…。目的地は私たちが定めるのではなく、もうすでに定まっている。それははかりしれない神の栄光を表す永遠の都である。それに比べ、もしも1000人教会が私たちの目指すべき目標なのだとしたら、それは何という味気ない目標だろうか。

 福音を理解するのに、高度な学問的知識や、読みきれないほどの分厚い注解書は要らない。教えてくれるのは御霊だからである。漁師だったペテロなど、無学な者たちがイエスに招かれていったことには、何の不思議もない。聖書を解釈しようとして、学者たちによって書かれた膨大な量の文書のほとんどは、きっと、無駄な知識で終わってしまっていることだろう。そこには人間的な意味での知識はあるかも知れないが、どれほどの学識を積んだ人であっても、聖霊によらなければ、聖書が何を意味しているのか正しく理解することはできないのだ。

 ナビゲーターのような存在である御霊は、私の中にインプラントされてすぐに、御言葉の意味を教え、そして歩むべき道を教えてくれるようになった。だが、それで聖霊の働きは全てなのかと言えば、そうではない。

 神の御心は、私たち一人ひとりの信徒が、ただ永遠の命を受け取っただけに終わらず、このまことの命なる聖霊を、私たちの内から、生ける水の川々として豊かに溢れさせ、流すことにある。
 だが、それを一体、どうやって成し遂げればよいのか? そこで頭を抱えて悩む必要はない。それもまた主がなして下さることだからだ。神には一人ひとりの信徒に対する深いご計画があり、私たちが召し出された者である限り、そのご計画は変わらない。私たちの存在を通して、命の水がほとばしるように周囲に流れ出すことは、神の御心である。だから、私たちがそうなりたいと切に願っている限り、それが成就せずに終わってしまうようなことはない。もしそんなことが起こるなら、私たちの存在は誰にとって、何の役に立つだろう?

 塩はその味を失っては、何の役にも立たない。エクレシアがエクレシアとしての存在意味を失うならば、それは誰からも用のないものとして捨てられるだけだろう。そんなことは決して起こらない。主はそんなむなしいことのために、十字架というはかりしれない代価を払って、私たちを贖い出されたのではないからだ。私たちの命には、イエスの十字架の値段がついている。主がそれほどの代価を払って、私たちを買い戻されたのだ。だから私たちはもはや自分自身のものでなくなり、主のものとされている。僕は主人に何と言うべきか。「僕は聞きます、主よ、お語りください。」 それで十分である。僕が主人に代わってあれこれ悩み、命令を考える必要はない。進むべき道は主人が教えてくれる。

 生ける水の川々を豊かに流し出す管となるために、まず、必要なのは、私たちが日々、十字架における自己の死(大小さまざまな形でやって来る)を通して、自分がこれまで立ちふさがってきた水路を聖霊に譲り、御霊が自由に流れる広い水路を開くことである。

 次に、生ける水の川々を豊かに流れさせるためには、「神の宮」の中に、つまり、エクレシアの中にとどまっている必要がある。私たちは個人としてすでにエクレシアを形成しているが、より広い意味でのエクレシア、つまり、兄弟姉妹たちとの愛による一致の中にとどまる必要がある。

「川は第一に十字架と関係しています。十字架は道を開き続け、水路を深め、広げます。
次に、川は宮と関係しています。なぜなら、この経綸時代だけでなくあらゆる時代において、神の御旨のすべては『神の宮』という名が示すもの――教会――と関係しているからです。教会は『永遠の時の前』に神が計画した素晴らしい神の傑作です。偉大な聖霊経験を持ちたいのなら、この実に偉大なものの中にいる必要があります。 」

 エクレシアの一致とは、主にあっての兄弟姉妹たちと、恵みを分かち合い、豊かに与え合い、喜んで仕え合う関係である。エクレシアにおける兄弟姉妹関係は、キリストが弟子達にそうされたように、限りない恵みと祝福を互いに与える関係である。エクレシアには、互いを限りなく愛し、互いのためにわが身を喜んで差し出して奉仕する、キリストのご性質がそのまま体現される。「御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制」(ガラテヤ5:22-23)であり、私たちが御霊の導きに素直に身を委ね、御心の通りに生きたいと心から願う時、それらの実は、ことごとく、私たちの努力によらず、主によって、私たちの人生に結実するだろう。

 生ける水の川々には豊かな恵みの現れが伴う。その川々の水量が豊かになり、エクレシアの隅々にまでびっしりと流れて恵みを漏れなく行き届け、(果てはエクレシアの外にさえ流れゆく)に連れて、エクレシアの一致はますます強固なものとなり、そこから分裂や党派や妬み、陰口などが一切、自然消滅していくことだろう。御霊の命が溢れるほどに流れるようになるに連れて、私たちの内からも、肉的な性質の残滓がますます消えていくだろう。
 この途方もない計画は、私たちの努力によって築き上げるものではなく、主自らがなそうとしておられることである。だから、私たちはその成就を信じて、主のご計画に身を委ねたい。

「親愛なる友よ、もしあなたがイエス・キリストの召しと神の恵みに応じてきたのなら、何か途方もないもの、何か巨大なもの、何か抗えないものに捕らえられていることを、先に進むにしたがって知るようになるでしょう。それがどのようなものなのかを描写しようとする時、エゼキエル書は見事に私たちを助けてくれます。覚えておられるでしょうが、川はその幅と深さを増しながら、宮の敷居の下から発し、祭壇の横を流れ、聖なる敷地全体を通り、国土を流れ下りました。

この預言者が告げるところによると、幻の中で一人の人が彼を川に連れて行き、次に川の中に連れて行きました。最初、川はかかとの深さでした。それから、川が膝の深さになるまで、さらに腿の深さになるまで、彼は導かれました。そして、『泳げるほどの水』になりました。最後の描写は、『渡ることのできない川』(エゼキエル47:1-5)です。

 これは素晴らしいです!これが神の恵みの川だとすると、それはあなたや私の理解・能力を超えたものであり、自分たちの貧弱な限られた容量内には収まらないものです。どんなに必要が大きくても、この川は私たちを超えています。この川は常に私たちを超えています。あなたはもうこのことを悟っておられるでしょうか?私は悟りつつあります。あなたは自分自身に絶望し、『もはや神の恵みも自分を助けることはできない』と思ったことはないでしょうか?しかし、この川が完全に自分を超えていることをあなたは知ります。あなたはこの恵みの川に抵抗することができません。前に述べたように、もし恵みの呼び声に応じるなら、それが何か途方もないものであることをあなたは発見するでしょう。恵みの川は時の前に遡り、時の後にも進み続けます。それは永遠と同じく広大無辺です。」

 

最近の記事

無料ブログはココログ